パナソニック インフォメーションシステムズ・ホーム トップページ > お客さま導入事例 > 埼玉短大へアクティブラーニングを導入~授業構成の幅が広がり、学生の意欲・理解度アップ

お客さま導入事例

文教

国際学院埼玉短期大学

埼玉県さいたま市

国際学院埼玉短期大学様は、保育・栄養と調理の専門家育成に特化した短期大学。「礼をつくし、場を清め、時を守る」という教育方針のもと、人格形成に重点をおいた「人づくり」教育に力を注いでおり、豊かな人間力と確かな専門力の双方を備えた人材を数多く輩出しています。

導入事例ダウンロード(784KB)

埼玉短大へアクティブラーニングを導入~授業構成の幅が広がり、学生の意欲・理解度アップ

2000年からFD(Faculty Development:教育力向上)活動を開始するなど、大学教育の質の改革へ先駆的に取り組んできた国際学院埼玉短期大学様。かねてから学生が主体的に学べるような授業環境の整備を進めていましたが、これをさらに展開すべく、実習、実験、実技の3教室に本格的なアクティブラーニング環境を導入することとなりました。ご採用いただいたのは、パナソニック インフォメーションシステムズ(以下、パナソニックIS)がご提案したアクティブラーニングソリューションです。

1.学生の自主的で協調的な学びを引き出す環境を整備したい。

「先生→学生」という一方向的な授業から、学生が意欲を持って参加できるインタラクティブな授業へと転換したい。

2.先生への負担は限りなくゼロにしたい。

手間の掛かるしくみは時が経つにつれ使われなくなってしまうもの。
活用し続けてもらうために運用負荷は軽くしたい。


学長
大野 博之 氏
学生が主体的に学べる環境を
国際学院埼玉短期大学では学習効果を高める方策として、学生が主体的に学べるような環境づくりに以前より尽力していました。学長の大野博之氏は語ります。
「詰め込みの勉強ではなかなか定着しませんが、授業に興味を持ち出すと驚くほど吸収するものです。今回はかねてから進めてきたアクティブラーニングの展開を広げる目的で、授業環境をさらに整備することとしたのです」。

実習授業に映像を活用し、学習意欲を引き出したい
対象となったのは、調理実習室、実験室、幼児教育のリズム体操などに使用する教室の3教室。プロジェクター型電子黒板、講義収録システム、LMS(学習管理システム)の導入を決定しました。本格的なアクティブラーニング環境を実習系教室へ導入するのは、全国の大学でも前例のないこと。大野氏にその狙いを伺いました。
「授業改善策を検討する中で、実習をもっとわかりやすくすることで学習意欲を引き出せないかと議論していたのです。調理実習の際に先生の手元が見づらいことが課題に挙がっていましたし、リズム体操の授業でも、先生と自分の動きを見比べるのは鏡では限界がある。では、ここに映像を導入してはどうかと」。

使いやすいしくみは、使い続けられるしくみ
パナソニックISはこうしたご要望を受け、「お手軽利用」を第一に考えたしくみをご提案しました。例えば提案システムのひとつである「ArgosView 授業配信システム」は、授業のスケジュールを予め登録しておけば自動的に収録してくれますし、公開作業も自動です。「先生に負担の掛かるしくみだと、いずれは使われなくなってしまいます。運用面では、従来から使っているActive Directoryと連携できる点も好感触でした」(大野氏)。

授業スタイルに合わせた提案が高評価
授業スタイルに合わせた機器構成も高くご評価いただきました。「調理実習では調理の過程でさまざまな音が出るため、天井のマイクだと先生の声をうまく拾えません。そこで調理実習室はワイヤレスマイクも追加するという提案を受けました。本学の教育環境の現状をよく見た上で提案してくれたのはパナソニックISだけでしたので、採用の最終的な決め手になりましたね」(大野氏)。

1.学生の学習意欲・理解度がアップ!

調理実習室、実験室、リズム教室にアクティブラーニング環境を導入。
学生が入り込みやすい授業に変わり、主体的に学んで理解を深められるようになった!

2.先生の授業構成の幅が広がった!

電子黒板機能付きプロジェクターや講義収録システムなどのツールを活用し、「もっと参加できる、理解できる授業」を作れるようになった!

システムは2016年3月にサービスインし、履修登録が済んだ5月から本格的な活用がスタート。講義収録には「ArgosView 授業配信システム」、LMSには「Ranavis」が採用されています。実際にシステムをご利用いただいているお二人の先生に使い勝手を伺いました。
ライブ映像に直接書き込むことで、調理のポイントが一目瞭然!
 ― 田中 辰也先生


健康栄養学科 助教
田中 辰也 氏


調理実習で、見本となる私の手元を天井のネットワークカメラから撮影し、プロジェクターにライブで映し出しています。プロジェクターは電子黒板機能が付いているので、映像からキャプチャした画像にメモ書きを加えることも可能です。

教卓の両隣にプロジェクターを配置し調理する手元を映し出している

例えばオムレツを焼く時はフライパンのヘリの使い方がポイントとなるのですが、『この部分を使うんだよ』と映像に直接しるしを付けることができるんです。口頭で言うよりもわかりやすいですね。学生たちはみんな興味を持ってくれています。地域向け公開講座の料理教室でも、皆さんプロジェクターをじっと見つめておられますね。

パワーポイント×電子黒板の合わせ技で参加型授業にシフト!
 ― 雨宮 一彦先生


健康栄養学科 教授 保健学博士
雨宮 一彦 氏

講義資料のパワーポイントが電子黒板機能と合体したことで、従来の一方向的な授業からインタラクティブな授業へと様変わりしました。

パワーポイントの一部を白く塗りつぶして見えないように
しておき、学生に描き込ませる

学生を1人ずつ当てて、投影しているパワーポイントに直接書き込んでもらうんです。私の専門は解剖生理学なので、肋骨に番号を振らせたり胃の絵を描かせたりしています。工夫次第では、パワーポイントに書き込んでもらった後、次のスライドで答え合わせをすることもできる。学生からすれば今までは眺めるだけだったパワーポイントですが、「自ら書き込む」というプロセスを作ったことで、授業に参加している意識を生み出せるようになったと思います。
また、よく理解している学生とそうでない学生のコントラストが、こうしたツールを通して如実にわかるようになりました。授業への積極性が両者で明らかに違いますから、なかなか授業に入ってこれない(=まだ理解できていない)学生に対しては個別にフォローできるようになりましたね。


LMS「Ranavis」の画面。「ArgosView 授業配信システム」で
収録・配信された映像を閲覧できる
講義の収録映像は雑談や笑い声も入りますが、授業内容と一緒にリアル感も伝わりますから、予習/復習用途だけでなく履修登録時の参考動画として見てもらうのも良いと思います。
電子黒板も授業映像も、シンプルなツールなので自由度が非常に高いです。もっと興味を持ってもらえる、楽しく理解できる授業をめざして、いろんな使い方を考えていきたいです。

IS担当者から「ひとこと」

エンタープライズソリューション事業部 サービスインテグレーション部  
酒井 淳子

アクティブラーニングソリューションの提供は当社としても初めての試みだったため苦労もございましたが、お客様のご理解・ご協力があったため授業開始に間に合わせて導入を行うことができました。
今後も利用の拡大、利便性の向上、また授業により興味を持っていただけるシステムのご提供を目指してご提案を進めていきたいと思っております。


※当サイトに記載された社名および商品名などは、それぞれ各社の商標または登録商標です。

※当サイトの記載内容は取材日時のものです。内容および対象商品については、予告なく変更する場合があります。

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社

お電話でのお問い合わせ

東京/東日本第一営業所(東京オフィス)
03-3437-1430
大阪/西日本営業所(梅田オフィス)
06-6377-0050
名古屋/中部営業所
052-561-3120
福岡/九州営業所
092-523-9730

パナソニック インフォメーションシステムズ・ホーム トップページ > お客さま導入事例 > 埼玉短大へアクティブラーニングを導入~授業構成の幅が広がり、学生の意欲・理解度アップ