パナソニック インフォメーションシステムズ・ホーム トップページ > トピックス > 「Palo Alto Networks 次世代ファイアウォール」 OpenSSLの重大な脆弱性、Heartbleedから企業を守るプロテクションを提供

トピックス

2014年04月17日(木)

「Palo Alto Networks 次世代ファイアウォール」 OpenSSLの重大な脆弱性、Heartbleedから企業を守るプロテクションを提供

2014年4月11日、Palo Alto Networks(パロアルトネットワークス)は、OpenSSLの重大な脆弱性、Heartbleed脆弱性 (CVE-2014-0160) からシステムを保護する脅威防御シグネチャの提供を開始したことを発表しました。
Palo Alto Networksはいち早くHeartbleedの脅威に対応。脅威とその影響範囲を正確に理解し、4月9日より複数のシグネチャをリリース、認証情報や機密情報などお客さまの大切な資産を脅威から守ります。

今日のようなサイバー社会では、脅威への対処を如何に早く行うかが重要なキーとなります。個人情報や機密情報の流出は経済的損失にとどまらず、社会的信用の失墜にもつながります。 パナソニック インフォメーションシステムズが提供する「Palo Alto Networks 次世代ファイアウォール」は、この問題を解決します。 これを機会にぜひ導入をご検討ください。

【リスク分析サービス】
当社ではリスク分析サービスを無料で行っています。お客さま環境のアプリケーショントラフィック、全体的なセキュリティリスク評価、および関連するビジネスリスクを分析した分析レポートを作成します。セキュリティリスクを正確に特定することにより、効果的なセキュリティ対策を行うことが可能です。>>リスク分析サービスの詳細はこちら


商品のお問い合わせ・リスク分析サービスのお申し込み:
お問い合わせ・お申込みはこちらをクリック


商品情報:
Palo Alto Networks 次世代ファイアウォール
http://service.is-c.panasonic.co.jp/products/paloalto/


関連情報:
パロアルトネットワーク社プレスリリースおよび関連情報はこちら:

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社

お電話でのお問い合わせ

東京/東日本第一営業所(東京オフィス)
03-3437-1430
大阪/西日本営業所(梅田オフィス)
06-6377-0050
名古屋/中部営業所
052-561-3120
福岡/九州営業所
092-523-9730

パナソニック インフォメーションシステムズ・ホーム トップページ > トピックス > 「Palo Alto Networks 次世代ファイアウォール」 OpenSSLの重大な脆弱性、Heartbleedから企業を守るプロテクションを提供