パナソニック インフォメーションシステムズ・ホーム トップページ > トピックス > 流通・卸業向け販売管理システム「MetaForce」の導入事例を、2件公開いたしました

トピックス

2014年08月20日(水)

流通・卸業向け販売管理システム「MetaForce」の導入事例を、2件公開いたしました

2013年10月に発売を開始した流通・卸業向け販売管理システム「MetaForce」クラウド版をご導入いただいたお客さまに、ご導入のきっかけや使い勝手をおうかがいいたしました。

矢野電産株式会社(愛知県瀬戸市)

矢野電産は、2014年1月にサーバを自社で管理するMetaForce(オンプレミス型)からMetaForce(クラウド型)に移行した。電材卸業向けの特長はそのままに、サーバ管理などの運用から脱却できたことに加えて処理速度が向上したことにより、大幅な業務効率化を図ることに成功した。今後、より早く正確な情報を提供してお客さまへ貢献するため、クラウドの特長を活かす形で、POSやタブレット端末の導入によるIT化などを計画している。 …詳細はこちら

株式会社光電業社(大阪府大阪市)

光電業社は、災害でシステムが使えなくなることを最大のリスクとして捉え、耐震・防災設備の整ったデータセンターでサーバが管理されるMetaForce(クラウド型)への移行を決めた。これにより、災害時にデータが消失するリスクが極小化されるとともに、通信回線さえあればどこからでも業務が再開できる環境が整った。今後もクラウドの特長を見極めつつ、業務での使用範囲の拡大を図る。 …詳細はこちら

Metaforceのクラウド版は、事務所で抱えるさまざまなトラブルや問題を解決します。

停電!

設備の保守点検などで電気が使えなくなると、システムが何も使えなくなってしまいます。雷など突発の停電では、機械の故障を招き、データが消えてしまう恐れも。

故障!

ハードディスクなど、機械部品には故障がつきものです。ベンダーの保守要員の到着には時間がかかるため、修理が終わるまで長くシステムの使えない時間が発生します。

水濡れ!

コーヒーやお茶などをこぼしてしまう経験は誰にでもあるものですが、少量であってもサーバには故障に繋がる大きなリスクです。システムが止まり、業務に影響も。

衝撃!

衝撃に弱いのもサーバの特徴です。台車や椅子が当たることで内蔵されたディスクが破損し、データの読み出しが不可能になることも。

運用!

毎日の締め処理を行ったあとにバックアップを取る…これらの運用には人手が不可欠ですが、忙しい時期には時間がずれ込んで深夜に及んでしまうこともあります。

配線!

サーバには電源やネットワークなど、多くのケーブルがあります。これらの配線は事故の原因ともなり、さらにシステムが使えなくなるリスクをはらんでいます。

老朽化!

サーバは徐々に老朽化し、処理が遅くなり業務が遅滞することもあります。しかし、償却が済むまでは入れ替えることも難しく、非効率な業務を継続することになります。

クラウド版ではこうしたトラブルから解放されて、安定したシステム運用が可能となります。

また、費用のご負担方法も変わります。
オンプレミス版の場合、機器を導入する費用が大きくかかる上、年間の保守費用や、老朽化による機器の更新費用などもかかります。また機能の追加には、機器の追加・変更が必要になる場合もあります。
クラウド版の場合、サービスの利用料に機器の費用が含まれます。機器の更新も特別な費用なく当社側で実施するため心配ありません。さらに、機能の追加もサービスメニューの追加だけで済むため、お試しで機能を使ってみる といったこともできるようになります。

流通・卸業向け販売管理システム「MetaForce」

「MetaForce」は、見積管理から受発注、仕入売上、債権管理までの業務をトータルサポートする流通卸業向け販売管理システムです。売上管理や仕入・入出庫管理を基本機能とし、お客さまの業務に応じて各種機能を選択いただくことで、最適な業務プロセスの実現に貢献します。2002年にオンプレミス型システムとして発売以来、業界に精通した豊富な機能が評価されています。

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社

お電話でのお問い合わせ

東京/東日本第一営業所(東京オフィス)
03-3437-1430
大阪/西日本営業所(梅田オフィス)
06-6377-0050
名古屋/中部営業所
052-561-3120
福岡/九州営業所
092-523-9730

パナソニック インフォメーションシステムズ・ホーム トップページ > トピックス > 流通・卸業向け販売管理システム「MetaForce」の導入事例を、2件公開いたしました